私達の考え方

私達の考え方 · 12. June 2018
すばらしい体験レッスンの後、しばしば楽しかった?とお母さんが子供に尋ねるのを耳にします。 私はそれを聞くたびに違和感を覚えます。 お母さん、あなたはレッスンをご覧になられていたでしょう。 もしあなたが ●テンポよく興味の持てる楽しいレッスンだった。 ●英語の読み書きが学べて話せるようになるであろう。 ●良いテキストとカリキュラムでうまく行われている。 と感じたならば、 お母さん、あなたが決めるべきです。お子さんが好きか嫌いかは関係ありません。 我が家の話ですが、 うちの子供たちは以前さいたま市のあるサッカースクールに通っていました。 ヘッドコーチは多くを望む人でしたが、ちゃんと結果の出せる人でした。 私たちは子供に聞かずに入会を決めました。 私たちのスクールでも同じことが言えます。 私たちはにぎやかに動き回って行うとっても楽しいレッスンに重きを置いていません。
私達の考え方 · 30. May 2018
しばしば兄弟で入会をお考えになられている方に、2年生の子が5年生の子と同じクラスでレッスンを受けられますか?というような質問を受けることがあります。 もし二人がともに初心者であれば答えはYESです。 どうしてでしょうか? それは、初心者は初心者だからです。もし1年生であろうと6年生であろうと問題はありません。
私達の考え方 · 08. May 2018
日本における子供英語教育では、しばしば”楽しいレッスン”と言うことが強調されます。 楽しいってなんでしょうか? なぜ楽しさに重きをおくのでしょうか? 本当に学べているのでしょうか? ”楽しい”をうたい文句にするスクールから転校して来られる生徒さんが、何も身につけられていないと感じることがあります。 4〜5年も英語学校に通っていたにもかかわらず、ほとんどの生徒さんがきちんと読めず、書けず、話せず、聞き取れずという状態です。 4〜5年間のレッスンでは何がおこなわれていたのでしょうか? ただ単に”楽しい”だけだったのでは? ゲームでは頭を使い英語を考えるということよりも、単にゲーム性の楽しさを。 歌では英語でちゃんと歌うことよりも、動作に気をとられ歌っていなかったり。 読み書きにおいては素通りだったり、ただ書き写すだけであったり。 Dave and Amy English School では違う”楽しさ”を生徒に味わって欲しいと思っています。 楽しいのは、新しい単語を学ぶこと、上手に読めるようになること。 楽しいの
私達の考え方 · 02. February 2018
生徒たちにとってベストな学び方とはどのようなものでしょうか? 英語を話せ・読め・書け・聞き取れるようになるには、先生の手助けはできるだけ少なく、生徒自身で学んでいくことが大切です。 では、どのように実践していくのでしょうか? ー歌ではー 歌うときは先生だけでなく、CDだけでなく生徒自身が歌うことが不可欠です。 ただ歌うのではなく正しく発音させることが大事です。そのためにはCDを使わず先生の歌に合わせて歌います。先生は生徒の発音を確認しながらゆっくりと歌い、口ごもる時は歌を止めて言ってみることでみんなが歌を通じて学んでいきます。