08. May 2018
日本における子供英語教育では、しばしば”楽しいレッスン”と言うことが強調されます。 楽しいってなんでしょうか? なぜ楽しさに重きをおくのでしょうか? 本当に学べているのでしょうか? ”楽しい”をうたい文句にするスクールから転校して来られる生徒さんが、何も身につけられていないと感じることがあります。 4〜5年も英語学校に通っていたにもかかわらず、ほとんどの生徒さんがきちんと読めず、書けず、話せず、聞き取れずという状態です。 4〜5年間のレッスンでは何がおこなわれていたのでしょうか? ただ単に”楽しい”だけだったのでは? ゲームでは頭を使い英語を考えるということよりも、単にゲーム性の楽しさを。 歌では英語でちゃんと歌うことよりも、動作に気をとられ歌っていなかったり。 読み書きにおいては素通りだったり、ただ書き写すだけであったり。 Dave and Amy English School では違う”楽しさ”を生徒に味わって欲しいと思っています。 楽しいのは、新しい単語を学ぶこと、上手に読めるようになること。 楽しいの
17. March 2018
帰国子女といえども、その英語能力は様々な要因によって違ってきます。 例えばその子の性格が社交的か内気か、英語を話す学校に通っていたか、どのくらいの期間海外にいたか、英語圏の国に住んでいたのか、何歳の時か、英語を読むことを学んだか等です。 Dave and Amy English Schoolでは、その子に最適な帰国子女のクラスを決めるためにレベルチェックを行います。 当校では様々なレベルの帰国子女のクラスがあり、お子さんに最適なクラスがみつかります。 以下のことを目指しレッスンを行います ●英語力を維持し、さらに流暢さを増す ●リーディング・ライティング・スピーキング・理解力の向上 ●いろいろな話題をどんどん自然に話し合う ●他の帰国子女と友達になる クラスでは 一番重要なのは、生徒のスピーキング能力を維持することです。 生徒は興味のあることについて自由に話すことが好きです。他の生徒たちはその話を聞いていろいろと質問をします。 クラスメイトや他の帰国子女の友人と、自然で楽しい
16. March 2018
Dave and Amy English School の中学生・高校生レッスンは: 以下のことを目指しレッスンを行います ● 英語で大きな声で意見を述べることに自信をつける ● 生徒同士協力しあう ● 良い雰囲気のクラスをつくる ● いろんな話題について意見を述べる ● 学校の英語の授業に役立つよう語彙を増やし文法を学ぶ 
08. March 2018
My English Book and Me 3ではそれぞれの文字の書き方、発音、代表的な単語を例に挙げ読み書きの基礎を学びます。 ●文字の練習をするときは大きな声で発音しながら文字を書きます。 ●ミニテストのページ(P,8,13,14,19,20,21,,,,)をやる時はテキストブックに書き込まず他のノートにやります。 ミニテストをやる時に前のページを見てやったり、家の人が教えたりしないようにします。 翌週レッスンでミニテストのページのテストをします。よくできれば先に進みますが、間違えが多いときはまた同じページが宿題になります。 やり方(写真参照) 1, 空欄に当てはまる文字を書きます。 2, 答え合わせをします。 3, 間違っているところは丸で囲み点数をつけます。 4, 間違っているところを消して、正しい答えを書きます。 5, 何度もノートに練習しましょう。 ●吹き出しのところは家の人と一緒にやって下さい。 質問を一緒に声に出して読み、答えをテキストに書いて声に出して言う練習をしましょう。
08. March 2018
My English Book and Me 1 and 2 使い方 ●ユニットの単語を覚えます。 ●Q&Aで簡単な会話パターンを覚えます。 毎週1ユニットが宿題になります。P,3のTable of Contents のDateに先生が宿題を出した日を書きます。 宿題のユニットの単語を覚えます。 ユニットの会話の練習をします。 吹き出しのところを書き込み、会話練習をします。 (Q: What's your favorite color? A: I like pink.) 翌週先生が単語を覚えているかチェックします。 先生は絵を指さしユニットにある質問をします。(例:What color is it?) 答えられたら先生は絵に✔をします(ちゃんと単語を覚えているしるし)。 答えられない時は絵を丸で囲みます。丸の単語は復習しましょう。(丸がたくさんある場合はまた同じユニットが宿題になります。) テキストブックにぬり絵をしたり、絵と単語を線でつなぐ、単語を書いてみる等テキストを自由に活用してみてください。 1ページ目をおうちの人と一緒にやってみましょう。自分のテキストブックという愛着がわきま
08. March 2018
1,  まず、各ページ絵の右側のワークをやります。 文字の並べ替え、線で結ぶ、正しい綴りを選ぶなどです。このワークはテキストに書き込んでもいいです。 2, 次にページの絵の右側のWriteのところをやります。 このワークをするときは絵の左側を必ず自分のノートで隠し、答えは必ず自分のノートに書きます。翌週にテストするのでテキストのWriteのところには書き込まないで下さい。 3, 採点します。 4, 間違ったところはノートに書いて練習します。 5, 何度も繰り返し練習しましょう。 6, 会話のページ(P,8等)はテキストに書き込んでいいです。 *クラスでするテストがよくできたときは先に進みますが、間違いが多いとまた同じページが宿題になります*
08. March 2018
Welcome to Dave and Amy English School ーWelcome to Dave and Amy English School- 数ある英会話スクールの中から当校をお選びくださりありがとうございます。 以下は当校からの大切なお知らせです。必ずご一読下さい。 1. 【教室への持ち物】  幼稚園クラス: テキストブック、貸し出し図書 小学生, 帰国子女,...
13. February 2018
小学生クラスにはいろいろなレベルのクラスがあります。 生徒たちのレベルにあったレッスンをします。 以下のことを目標にします。 *英語が読める・書ける・話せる・わかるようになる *リーディング・ライティング・スピーキング・リスニングを通じて単語や文法を学ぶ
08. February 2018
幼稚園クラスでは、以下のことを小学生クラスになるまでに習得することを目標にしています。 1 単語をたくさん覚える 2 簡単な会話 問いと答えができる 3 英語の歌を歌う 4 26の小文字がすべてがわかる
02. February 2018
生徒たちにとってベストな学び方とはどのようなものでしょうか? 英語を話せ・読め・書け・聞き取れるようになるには、先生の手助けはできるだけ少なく、生徒自身で学んでいくことが大切です。 では、どのように実践していくのでしょうか? ー歌ではー 歌うときは先生だけでなく、CDだけでなく生徒自身が歌うことが不可欠です。 ただ歌うのではなく正しく発音させることが大事です。そのためにはCDを使わず先生の歌に合わせて歌います。先生は生徒の発音を確認しながらゆっくりと歌い、口ごもる時は歌を止めて言ってみることでみんなが歌を通じて学んでいきます。

Show more