· 

How to do English File Unit Tests

✳︎English Fileのプログレスチェック✳︎ 

 

まず始めに、クラスで今使っているワークブックの表紙の裏に表を作ります。教室で出来なかった場合は、先生に描き方を聞いて下さい。

1Aや2AなどAのワークブックなら(File)1から6、Bのワークブックなら(File)4から12をProgress check の欄に記入します。

 

English File(EF)サイトの確認テストは、

その単元(unit)が終わってから取り組みましょう。

 

①デイブ&エイミー英会話教室のサイトの左上のメニュー表示をクリックします


②English File を選びます。


③+をクリックして開きます。今使っているテキストを選びます。(例 EF Starter)


④Unit testsを選びます。


⑤ 赤で囲ったところか、1.Click here.を

クリックします。同じ画面が現れます。


⑥終わった単元のProgress Check/プログレスチェックを選びます。

(AのワークブックならFile1から6、

 BのワークブックからFile4から12のプログレスチェックをやります)


⑦▽をタップし、3つの中から正解を選びます。


⑧全て終わったら、Check answersをクリックします。


⑨プログレスチェックをした日付けと点数を表紙の裏に描いた表に記入します。

このテストは単元が終わったときにやりましょう。もし、30問中20問未満の点数だったら、日を改めて再挑戦して下さい。

 

✳︎BのテキストはFile 7のから始まりますが、必ず復習としてAのFile4、5、6のプログレスチェックを行いましょう。

File1、2、3についても気軽にやってみてください。

✳︎EF1 の生徒はEF Starterを、EF2の生徒はEF Starter、EF1を、のように復習として自由にやることもできます。その場合は、表に記入する必要はありません。

 

レッスンで使っているEnglish Fileはとても優れた教材です。教室で学び、プログレスチェックで復習することは、英検のための勉強にもなりますし、中学校、高校でのどんなテストにもきっと役に立つはずです。有効に活用してもらえることを願っています。

 

10.  Write your score at the front of the text.   If you are using an A text (English File Starter A / English File 1 A… ) — make this chart at the front / inside cover of your text.


If you are using a B text (English File Starter B / English File 1 B) write this in the inside cover:

Write a comment

Comments: 0