· 

大人のレッスン:自由に会話?

adult lessons

大人に英語を教える時、教科書ではなくて自由に話すレッスンがしたいと言われたことがあるかもしれません。

 

Dave and Amy English Schoolでは、自由に話す(ただ話したいことを話す)レッスンは行いません。
その理由は・・・
1,生徒は自分の知っている単語や文法ばかり使って話しがちです。
私個人の経験から、日本語は随分上達したとはいえまだまだです。しかし、会話はいい線いっています。
それは、同じ話題ばかり話しているから。家族のこと、スクールのこと、趣味について・・・
2,私たちはすべての生徒たちが上達してほしいと思っています。
教科書を使って、生徒は新しい文法や単語を学び、宿題をし、いろんな英語を聞く。きっと上達するでしょう。
(例外的に、お年をめされた生徒さんたちは、現状維持でも上達といえるのかも)
3,会話においては、同じ話題が毎週とりあげられがちです。生徒は自分の知っていることを話すでしょう。
バラエティーのない会話は生徒にとっても先生にとっても退屈なレッスンになります。
4,良い教科書は興味深い会話をするきっかけを与えてくれます。
良い教科書には、興味深い内容についてのリーディング・リスニング・話し合うポイントが備わっています。さらに文法や新しい単語も学べ、学んだことを確実なものにする宿題もあります。
5,切り抜いた新聞記事を題材に話しをするのはどうでしょう? それもいいかもしれません。しかしそれをうまく機能させるためには、先生はたくさんの時間を費やし、またほとんどの生徒にとっては難しすぎます。
私達の大人のレッスンでは、スピーキングとリスニングに力をいれていると思われている方がいらっしゃるかもしれません。しかし上記の理由から、教科書を使ってのレッスンがとても重要だと考えています。教科書なしでは、生徒の上達は停滞し退屈な感じのレッスンになってしまうでしょう。
あなたのレッスンではどうですか?

Write a comment

Comments: 0